無料体験・資料請求
EVERYキャリアカレッジの受講システム EVERYキャリアカレッジの就職転職サポート 認定試験は当校で受験できます。 Word・Excel・Access・Powerpoint Webデザインコース CADデザインコース ネットワーク関連コース プログラミング関連コース 東武東上線鶴瀬駅西口1分 営業時間 選べるお支払方法


お申込受付 平成20年3月19日(水)まで
受講料 126,000円 (消費税込み・教材等は全て含まれます)
講座配信期間 平成20年4月25日(金)〜平成20年度9月本試験日まで(9月14日(日)予定)
※配信期間の前に自宅学習(通信問題)があります。
※通信問題第1回解答提出日:平成20年3月28日(金)

コース概要
インターネットを利用したWeb学習で、本科講座・直前講座・実技試験対策講座をセットにしたスタンダードコースです。

学習は、
(1)通信教育(通信問題・予習)→(2)動画講義(インプット)
    と進み基礎的な知識を確認。その後、実戦力・応用力を高めるために、
(3)模擬試験・項目別演習(学科試験対策)  と  (4)実技試験対策講義
    を受講。トータル的な知識を身に付け、全くの初学者でも無理なく合格へと導きます。

<動画配信時間約2,605分>

カリキュラム

教材セットが届いたら学習スタートです。まず全体像を把握するため、テキストを読んで通信問題の解答を提出。基礎力を養成します

1.通信(自宅学習) 自分のペースでゆったり学習
回 数 内 容 回 数 内 容
第1回 FP基礎 第5回 不動産
第2回 金融資産運用 第6回 タックスプランニング
第3回 ライフプランニング
と資金計画
第7回 相続・事業承継
第4回 リスク管理 第8回 提案書の作成方法


2.Web講義「本科講座」 一流講師の解説を自宅で受講

動画約1,770分。Web講義では、専用教材を使って本試験に直結する知識を全20回の
講義によってインプットします。AFP試験を突破するために必要な情報ばかりです。

回 数 内 容 回 数 内 容
第1回 FP基礎・金融資産運用(1) 第11回 中間試験(1)
第2回 金融資産運用(2) 第12回 不動産(1)
第3回 金融資産運用(3) 第13回 不動産(2)
第4回 金融資産運用(4) 第14回 不動産(3)
第5回 ライフプランニング 第15回 タックスプランニング(1)
第6回 提案書の作成方法 第16回 タックスプランニング(2)
第7回 リタイアメントプランニング(1) 第17回 タックスプランニング(3)
第8回 リタイアメントプランニング(2) 第18回 相続・事業承継(1)
第9回 リスク管理(1) 第19回 相続・事業承継(2)
第10回 リスク管理(2) 第20回 中間試験(2)

●提案書提出:Web講義の第6回では、提案書の作成指導を行います。お客様に安心と信頼を与えられる提案書が作成できるよう精一杯指導しますので、素晴らしい提案書を作成してください。

3.Web講義「直前講座」 試験内容にしっかり対応
分野別の答案練習とポイント解説により、直前期に必要な知識の総整理を行います。
回 数 内 容
第1回 模擬試験A(60問 2時間)
第2回 項 目


金融、ライフ
第3回 不動産,リスク
第4回 タックス,相続
第5回 模擬試験B(60問 2時間)
第6回 模擬試験C(60問 2時間)

4.Web講義「実技試験対策講座」 磨きをかけて真の実力養成を
本試験で出題率が高い項目の学習で、得点すべき重要ポイントや陥りやすいポイントの弱点補強・実力完成を目指します。
回 数 内 容
第1回 実技試験対策(1)
第2回 実技試験対策(2)
第3回 実技試験対策(3)
第4回 実技試験対策(4)
第5回 実技試験対策(5)
第6回 実技試験対策(6) (実技模試40問/1.5h)

教材

入学時配付
  ・FP総論
平成20年2月13日以降お届け主要教材
  ・学習の手引き ・テキスト(2〜8) ・通信問題 ・宿題 ・提案書作成課題
  ・昨年度版項目別問題集(上・下) ・受検ガイド
平成20年4月11日以降お届け主要教材
  ・練習問題 ・解説
平成20年7月9日以降お届け主要教材
  ・当年度版項目別問題集(上・下)

学習方法

AFPベーシックbbコースは、各科目ごといくつかのセンテンスに区切って学習するシステムです。 各センテンスは動画講義により構成されていますが、予習用に「宿題」、 復習用に「テスト」が付属します。 動画講義受講の際には、必ず「宿題」と「テスト」を、予習・復習として解くようにしてください。 ※カリキュラムは、若干変更される場合があります。
まず通信問題を解いて、解答用紙を「ニッケン・ライセンス・スクール FPコース事務局」宛お送りください。動画講義受講の前に、テキストの内容に触れておくことで、動画講義の内容をよりよく理解することができるようになります。なお、通信問題の解答は、解答用紙を提出された方に、FPコース事務局よりお送りすることになっています。
動画講義の各センテンスは、テキストの章立てに準拠して10分〜20分程度の講義となっていますが、まとまりのある内容についてはできるだけ一度に受講されるようお勧めします。
なお、その際、「宿題」「テスト」を忘れないようにしてください。
本科講義中、2回、中間試験を受験していただきます。いずれもPDF形式にて配信しますので、Web画面上で解答してください。もちろん、プリントアウトも可能です。「宿題」「テスト」と異なり、出題科目の重要項目についてどの程度実力はついたかを確認する試験なので、テキスト類の参照を禁止します。
本講義は日本FP協会の認定研修に指定されていますが、研修修了のためには、定められた課題に基づいて「提案書」を作成し、合格しなければなりません。その対策として、第6回講義で「提案書の作成方法」講義を配信します。最終的に作成し提出していただく提案書課題と類似の課題にて講義しますので、大いに参考にしてください。
認定研修を修了し受験資格を得て、各自本試験の受検申請した後は、いよいよ実戦演習の時期となります。「直前講義」では、学科試験対策として、模擬試験と項目別演習問題を解き、その解説講義を受講していただくことになります。また、実技試験対策として、「実技試験対策講義」を受講してください。実技試験で出題される各種のパターンを、計算問題を含めて練習することになります。
さあ、いよいよ本試験にチャレンジです。本試験当日は、実技試験を解くにあたり電卓が必要です。受験票・筆記用具とともに、忘れずに携行してください。